リクライニング車椅子

写真 H29-06-29 10 27 23

上の写真はリクライニングを一番下まで下げた状態で、足の部分を一番上まで上げています。
この状態がフラットに近い状態となります。

写真 H29-06-29 10 26 10

ほぼフラットの状態のまま、乗車することが可能です。

写真 H29-06-29 10 28 15

他にもティルト機能があり、座面を後方に傾ける(お尻の部分が沈み込むような感じになる)ことができます。
また、足の部分は左右独立していますので、片麻痺等がある方への対応も可能です。